中小オフィスで人気

インク

経費削減に役立つ

リコー製のコピー機や複合機は、同程度の機能や性能を持つ他メーカーのものと比べて本体価格がやや安めで、レンタルやリース契約の料金も比較的安く済ませることがあることから中小規模のオフィスで特に人気になっています。リコーのコピー機をリースで使った時には、一般的に1枚いくらといったカウンター料金で使うことになりますが、その価格はモノクロ印刷とカラー印刷で料金が異なっていて、カラー印刷はモノクロ印刷の何倍かの料金になっていることが普通です。1色だけのトナーを使う場合とフルカラーの場合には最低でも4色のトナーを使うことになるので、カラー印刷では料金が高くなるのは理解することができますが、全てをモノクロ印刷にしてしまうと資料に使う場合には強調したいところが分かりにくくなってしまいます。リコーではモノクロ印刷と同一の料金で利用することができる2色印刷機能があることでオフィスでの経費削減と資料の強調効果の両方を得ることができます。その他にもリコーのコピー機や複合機は他メーカーのものよりも紙詰まりなどのトラブルが分かりやすく、サービスマンを呼ばなくてもある程度は社内で対応しやすいのも特徴になっています。トナーがなくなったときもトナー交換が他メーカーよりも簡単になっていたり、メンテナンスや故障したときの情報の自動レポート機能がついているなど非常に使いやすく便利だと多くのオフィスで導入されていて、人気になっています。

Copyright© 2018 色温度の特徴と測り方【色を温度で表す方法】 All Rights Reserved.