複合機

低コストで使用中も便利

コピー機をリースすることで低コストで最新機能の機種や、オフィスのニーズに合った機能の付いた機種を利用することができます。定期メンテナンスや不具合の修理にもスピーディーに対応してもらえ、業務効率も高まります。

インク

中小オフィスで人気

リコーのコピー機や複合機は本体価格やリース料金が他メーカーの同程度の性能のものより安くなるので、中小オフィスで特に人気になっています。またトラブルへの対応がわかりやすかったり、トナー交換が簡単だったりと操作面でも人気になっています。

メンズ

コンピュータを用いた業務

コンピュータを利用した業務の中でに、cadと呼ばれる分野があり、様々な業種向けにソフトが販売されています。コンピュータを使って設計を支援させるというのが、cadの意味でありますが、そのメリットから多くの企業で利用されているのです。

固定電話

コスト削減に役立つ

企業において通信費を下げるための手段としてあるのが、IPフォンの導入である。IPフォンはインターネット回線を利用した電話サービスである為、設備の導入などなくそのまま利用できるケースが多い。また、通話料金も安く抑えられる。

女性

光の色の尺度

色温度とは光の色合いを数値で表した尺度であり、ケルビンという単位で表すことが出来ます。ケルビンが低い数値の方が光が暖色系の物であり、高いと寒色系のものです。一口に光といっても朝日や夕日のケルビンと白熱電球のケルビンは数値が違います。

色を温度で表す

色見本

温度の単位で色を表現する

私たちが色を表すとき、通常は赤や青などといった色の名前を用います。また、暖色や寒色と言った表現を使うこともあります。人間は色を見て暖かい・冷たいといった温度を感じます。人間のそのような感覚と似た概念として、色を正確に数値で表したいときに、色を温度で表すという方法があります。これは「色温度」と呼ばれます。世の中の物質はすべて、高温にさらされると、その温度に応じた色の光を発します。色温度は、黒体(こくたい)を想定して算出されます。黒体とは、すべての放射を完全に吸収し、かつ熱放射することができると考えられる仮想上の物体です。黒体も、実在の物質と同様に温度によって異なる色を発します。ある色を黒体が発する際の温度が色温度として定義されています。色温度の単位にはK(ケルビン)が使われます。絶対温度の単位です。定量的に色を表現できることが色温度の利点と言えます。例えば、夕日のような赤色は約2000K、太陽光のような白色は約5000K、空の青色は約6500Kと表されます。暖色は低い値、寒色になるにしたがって次第に高い値になります。私たちが一般に使っている温度の概念とは逆です。より人間の感覚に近いように、色温度の逆数を取った「逆色温度」というものもあります。日常では、例えば、パソコンのモニタの色温度を下げる、すなわち暖色にすることによって、目の疲労を和らげることができると言われています。また、蛍光灯など室内照明の特性を表すためにも色温度の単位が使用されています。

Copyright© 2018 色温度の特徴と測り方【色を温度で表す方法】 All Rights Reserved.